dentalshop.jp@gmail.com

歯科機器•材料

スケーラー
歯科用ハンドピース
歯科用光重合器
根管治療
除菌・消毒・メンテナンス
口腔内カメラ
歯科ホワイトニング
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用 バー
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
超音波骨切削器
歯科説明・実習用模型
歯科矯正用製品
レジン材料
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
スキンアナライザー
生体情報モニタ
血中酸素濃度計
携帯型心電計
CPAP呼吸器装置
歯科ブラシアプリケーター
歯科防護用具
TDP赤外線治療装置
歯科義歯材料
自動血圧計

閲覧の履歴[Clear]

プッシュ式ハンドピースに良くある質問

近年医療界の発達につれて、歯科分野への関心も日々高くなっています。そして、ハンドピースへの需要も多くとされていきます。ハンドピースというと、種類がたくさんあり、分類基準により、色々に分けられます。最もよく見られる分類基準は、バーの付ける方法による分類です。バーの付けつ方法により、ハンドピースをプッシュボタンとレンチ式といったような二つの分類があります。現在広く使われているのは、プッシュボタン式のハンドピースです。でも、プッシュボタン式のハンドピースを使用中にも、バーが抜けるや、バーがいれなくなるという問題もよく起こるとお客様の文句をいただきました。早速ですが、今日は、プッシュ式ハンドピースに良くある質問について少しお話します。
 
 レンチ式のハンドピースはバーが抜けることが少ないことに対して、プッシュボタン式のハンドピースはよくバーが抜けると聞きました。でも、レンチ式のハンドピースは操作中や、バーの交換の時には、結構時間がかかります。そしてチャックのところによく異常を起こります。それに対して、プッシュボタン式のハンドピースは、バーの交換時間が短い、交換方式が簡単で、そして便利。でも、プッシュボタン式のハンドピースは、バーに対する基準が高くて、国際標準でなければ、バーが抜けるなどが起こります。もちろん、メーカーにより特性型番のハンドピースもあり、その際には、特製のサイズのバーが必要です。
 
 一般的に、国際標準サイズは、1.59mm~1.60mm(外径)です。もし、ご使用のバーは1.58mmに足りない場合は、バーを入れても固定できません。もし、1.60mmを超える場合は、チャック内に入れません。プッシュボタン式のハンドピースであろうと、レンチ式のハンドピースであろうと、不基準なバーをやめましょう。医療中バーが抜けると、医者にも患者にも多大な損ではないでしょうか。
 
 また、ハンドピースをご購入時に、是非説明書をちゃんと読んでおきましょう。ハンドピースのメンテナンスや、正しい使用方法、そして、バーなどのサイズなど、そして異常の時や故障の場合は、勝手に解決することは禁止。必ずメーカーやサプライヤーの指示に従ってください。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容:
安全*安心のお買い物
グローバルトップセキュリティー決済代行業者とのタイアップによる安心のお買い物。クレジットカード情報は、決済毎に破棄されるので安全。
万全の品質保証体制で最高品質を実現?維持。
全国送料無料
すべての商品は日本全国送料無料です。
★ 沖縄・離島・一部地域は別途送料が必 要です。
工場ダイレクトの低価格
工場との直接取引だからこそ実現できた、中間コストの削減。
効率を徹底的に追求した生産?流通革命。
1年保証安心購入
初期不良品の場合、到着後30日以内の未使用商品が返品・交換可能。1年間の保証期間以内に、何らかの問題がありましたら、必ず責任を持って解決致します。
歯科医療従事者向けの歯科機器・技工商品専門通販卸売サイト

Email:dentalshop.jp@gmail.com

Copyright@ Dentalshop.jp CO.LTD.All Rights Reserved.